ウォーターサーバーの導入費用(イニシャルコスト)

家庭用ウォーターサーバーに限らず、機械を導入する場合、考えなくてはならないのは、

『導入費用(イニシャルコスト)と運用費用(ランニングコスト) 』

です。

ウォーターサーバーのメーカーと契約して、実際にウォーターサーバーを家庭に導入すると、業者がウォーターサーバー本体を自宅にまで持ってきてくれるわけですが、このウォーターサーバー本体の費用や、本体を設置する手数料などは、ほとんどのウォーターサーバー業者が、

『レンタル料に組み込んでいる為に無料 』

になっています。

あれこれウォーターサーバー業者の資料を探してみても、ウォーターサーバー本体を『販売』している業者は皆無で、ウォーターサーバー本体は、

『レンタルオンリー 』

という事になっている様です。

また、そうしたウォーターサーバー本体を設置するのも、業者から担当者が来て設置していくわけですが、この設置に掛かる費用も、

『大抵は無料 』

になっています。

つまり、ウォーターサーバーのイニシャルコストは、実際に使い始める『水代』くらいで、その水代も

「キャンペーンで最初の1本はサービス 」

という業者も多く、一切出費をしなくてもいいケースが多いようです。

この至れり尽くせりのサービスは、携帯電話を新規加入した場合、携帯本体がタダか、タダ同然でバラ撒かれていた理由と同じで、

『利用者に使ってもらって、利益を出せるので、導入費はゼロでもOK 』

という発想からでしょう。

関連記事

  1. 家庭用ウォーターサーバーのシステム

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0